なぜ為替を「FX」と呼ぶのか、あなたはこの意味を知っていますか?

この記事は1分で読めます

なぜ為替を「FX」と呼ぶのか、あなたは知っていますか? 画像

謝してます!

 

玲人です、

今回の記事では、FX初心者向けの内容を簡単にお伝えします。

 

あなたはなぜ為替のことを「FX」と呼ぶのか知っていますか?

 

これは外国為替を英語にした
Foreign Exchangeを省略したものだからです。
FX

SPONSORED LINK

 

 

外国為替とは

2国間の通貨を交換すること

です。

 

 

たとえば、

 

「日本円を売って、米国ドルを買う」

「米国ドルを売って、ユーロを買う」

 

などが、この外国為替取引(FX取引)になります。

 

 

私がFX投資をはじめたてのころ、この事実をしったときは、
おもわず「へえー!」ボタンを連呼したい衝動にかられました(笑)

 

「え?それは言い過ぎなんじゃないですか?
そもそもそれってボタン押すほどのトリビアなんですか?」

 

と、思われたかもしれませんが、

これはFX投資をやる上で、かなり重要な基礎トリビアになります。

 

 

FXとは

Foreign Exchangeの略で、2国間の通貨を交換すること

 

今すぐノートとペンを用意して、

ページの片隅にでも軽くメモしておいてください!

 

ではでは、最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

ちなみに、スマホ1つで最低でも

SPONSORED LINK

50代男性会社員が月+5万円稼げる

無料口座を試した体験談を目撃↓

“週末中に19分だけで医者より3倍儲ける口座を31日試した結果…

 

 

追伸:

簡単ではありますが、心の中で「へえ~」ボタンも
ちゃんと15回以上押しといてくださいね!(笑)

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらなる追伸:

私は約4年前に投資を始めて、
今では月利+34%超のリターンを達成しました。
しかし、当初は失敗の連続でした。


今から約4年前、手取り収入も低く、労働時間が
ムカつくほど長かったこともあり、お金に働いて
もらおうと、兼業投資を私は誰よりも深く研究・
実践し始めたのです。


この私かわせれいとの物語を下記の記事では公開してます。

月利+34%超になれた私かわせれいとの行動理念。



投資信託、REIT、原油、金、株、先物、FXなどなど・・・


できることは、片っ端から全て試していきました。


兼業で投資に関して、ここまで研究・実践した
人は中々他にいないと思います。


そこでついに発見してしまった驚きの手法とは!!?
そんな私の副業FXノウハウが本と講座になりました。


Amazonで500円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。



【下記画像をクリックして、副収入激増物語の続きを読む】↓↓

副収入が増えるFX手法無料メルマガ


"▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます↓↓"


副収入が増えるFX手法無料メルマガ


この続きはcodocで購読


SPONSORED LINK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. FXとは何なのか?今度こそ、外国為替取引をあなたにわかりやすく説明!
  2. 外貨預金とFXとの比較。勝者は・・・・
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この研究所の理念と私玲人のプロフィール



所長:かわせれいと(玲人)

感謝してます!

経済オンチすぎる50代の両親と、FXで本業より稼ぐ20代兄を持つ、大分県出身の猫好きの20代男です。
(実は10代の妹もいます)

昼間は国際系の大学生なのに原稿執筆&メディア編集にも追われるWebコピーライター&マーケター。
夜は密かに副収入を稼ぐ兼業FXトレーダー。

「FXトレードをみなさんに学んでもらって、そして、経済に強い、本当に豊かで健やかな大人を増やす。そうすることで子供たちに自然と与えられるような豊かで幸せな家庭溢れる潤った社会を実現したい」という理念で活動中。

時間とお金と健康の3つをバランスよく手に入れる、大人のFX初心者向けの取引戦略手法を約4年の月日を経て遂に徹底解明!


もし、あなたがこの詳しい情報を知りたいのなら・・・・・


>>私のプロフィールはここをクリック

初心者用コンテンツ



老後が不安すぎる40歳以上の既婚男性会社員の方は今すぐ以下の画像をクリック↓↓


ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

//