FX初心者が見るべきラインとは!!?この2つの抵抗帯について解説

この記事は4分で読めます

FXの抵抗帯とは!!?支持線と抵抗線の2つの相場の壁について解説

謝してます!

 

玲人です、

あなたはFXの抵抗帯(レジサポライン)をご存知ですか?

 

実は初心者がFXトレードを学ぶ上で、

テクニカルを覚えることが必要不可欠なのですが、

SPONSORED LINK

その時に抵抗帯(レジサポライン)がわかると凄く理解しやすいです。

 

今回の記事では、

そんなFXの抵抗帯(レジサポライン)について

わかりやすく解説します。

 

この記事を読むだけで、

あなたがチャートの上げ止まり・下げ止まりに

翻弄されることが今日からなくなります。

 

なぜ、FXの初心者にとって抵抗帯(レジサポライン)が重要なのか!!?

 

なぜなら、相場はずっと上がり続けるわけでも、

ずっと下がり続けるわけでもないからです。

 

必ず

 

・「上げ下げを繰り返しながら」
・「どこかの決まった地点まで」

動きます。

 

私の過去の経験談を話すと、抵抗帯(レジサポライン)を

知らないときは本当にクソでした。笑

 

相場がどこまで進んで、どこで反発するのかがマジでわからないから、

損失も出るわ、恐怖心も出るわでまー悔しい思いをしました。笑

 

逆に、現在の成功談を話すと、抵抗帯(レジサポライン)がわかるだけで、

相場がどこまで伸びるか、どこで止まるかがおおよそわかるので、

安心してトレードできるんですよね。

 

ほんとに、この抵抗帯(レジサポライン)を知っているか知らないかだけで
月とスッポンほどの差が出ます。

 

ちなみに50代男性がスマホで月+5万円稼げる無料口座を試した結果↓↓

 

FXの初心者が知るべき抵抗帯(レジサポライン)とは何なのか!!?

 

FXの抵抗帯(レジサポライン)とは

「相場の上と下の壁」

という意味があります。

 

・上値抵抗(レジスタンスライン)

・下値抵抗(サポートライン)

 

全部相場の上と下からくる跳ね返りのポイントです。

 

抵抗帯とは、相場の壁です。

 

この「抵抗帯(相場の壁)」は、

 

今、相場はどこに上値抵抗(上側の壁)があるのか、

どこに下値支持(下側の壁)があるのか、

さらにどこで反発しやすいのか。

 

これを理解するためにあります。

 

 

なので、

 

・一時的にどこまで上がるのか
・一時的にどこまで下がるのか

 

を、常に把握しておく必要があるのです。

(抵抗帯の把握が大事なんです)

 

FXの初心者が抵抗帯(レジサポライン)をどうやって判断するのか!!?

 

これは基本的に、FXチャート(グラフ)の

 

①直近の安値・高値に水平線を引く

②過去の最安値・最高値に水平線を引く

③過去の高値と安値が繋がるところに水平線を引く

 

というステップで線を引きます。

 

ここが、比較的止まりやすいポイントになっています。

 

なので、そこに水平線を引き、

 

今の価格よりも「水平線が上」にあれば「上値抵抗線(レジスタンスライン)」。

今の価格よりも「水平線が下」にあれば「下値支持線(サポートライン)」。

 

という手順で、判断することができます。

 

 

ちなみに50代男性がスマホで月+5万円稼げる無料口座を試した結果↓↓

 

FXの初心者が抵抗帯(レジサポライン)を使って「注文」「決済」「損切り」をやる方法

 

このとき、

 

・デイトレードなら、「1時間足(1H)」「4時間足(4H)」

 

の複数をチェックするようにしてください。

SPONSORED LINK

 

なぜなら、1つの時間足だけだとダマシが多くなるからです。

 

なので、「2つの時間足」をできれば同時にチェックします。

 

1時間足の小さな時間足で抵抗帯をチェックして、「注文」と「損切り」のポイントを決め、4時間足の大きな時間足で抵抗帯をチェックして、「決済」のポイントを的確に把握するためです。

 

なので、それらを参考にしながら、単純に

 

下側の壁(下値支持線)あたりで買って、

その下側の壁の0.24円(24銭)ほど下に損切をおき、

あとは上側の壁(上値抵抗線)あたりで利益確定

 

すれば、FXデイトレードの勝率は高くなります。

(※「買い」エントリーの場合)

 

反対に、「売り」エントリーの場合は、

 

上側の壁(上値抵抗線)あたりで売って、

その上側の壁の0.24円(24銭)ほど上に損切をおき、

あとは下側の壁(下値支持線)あたりで利益確定

 

すれば、FXデイトレードの勝率は高くなります。

 

FXの初心者が具体的に抵抗線(レジサポライン)を引く方法

 

今すぐ以下のFX抵抗帯の解説動画をご覧ください。

 

※スタートボタンをクリックしてご覧ください

 

なぜなら、適切な抵抗帯は、それだけ多くの投資家が

注文を一気に集中して入れているポイントだからです。

 

世界中の投資家が一気に売り注文を入れれば、相場は急転して下がるし、

一気に買い注文を入れれば、相場は急転して上がる、とゆーわけです。

 

なので、抵抗帯(相場の壁)の把握が大事なのです。

 

ちなみに50代男性がスマホで月+5万円稼げる無料口座を試した結果↓↓

 

まとめ

 

あなたもFXの抵抗帯(レジサポライン)について理解できましたか?

 

今回の記事では、

FXの抵抗帯(レジサポライン)について解説しました。

 

この大事なポイントとして、

 

・FXのレートは「上げ下げを繰り返しながら」「どこかの決まった地点まで」動く

・FXの抵抗帯(レジサポライン)とは「相場の上と下の壁」で、レートが跳ね返されるポイントである

・判断は、直近の安値・高値、過去の最安値・最高値、過去の高値と安値が繋がるところに水平線を引く

・デイトレードなら、「1時間足(1H)」「4時間足(4H)」の2つの抵抗帯をチェックする

 

を挙げました。

 

FXの勝ち組トレーダーの中には、

“抵抗帯(レジサポライン)だけで稼いでる人もいる”

くらい効果絶大ですからね。

 

抵抗帯(相場の壁)の把握=利益アップ

ということを、必ず覚えておいて下さい。

 

とりあえずテクニカルにおいて、

この抵抗帯(レジサポライン)がとても大事です。

 

他に、トレンドも大事なので、こちらの記事も

同様にチェックしてみてください。

 

 

ではでは、最後までお読みいただき

ありがとうございます!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらなる追伸:

私は約4年前に投資を始めて、
今では月利+29%超のリターンを達成しました。
しかし、当初は失敗の連続でした。


今から約4年前、手取り収入も低く、労働時間が
ムカつくほど長かったこともあり、お金に働いて
もらおうと、兼業投資を私は誰よりも深く研究・
実践し始めたのです。


投資信託、REIT、原油、金、株、先物、FXなどなど・・・


できることは、片っ端から全て試していきました。


兼業で投資に関して、ここまで研究・実践した
人は中々他にいないと思います。


そこでついに発見してしまった驚きの手法とは!!?
そんな私の副業FXノウハウが本と講座になりました。


Amazonで500円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。



"▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます↓↓"



いつも応援クリックありがとうございます。

少しでもお役に立ちましたらポチいただけると嬉しいです。

↓ 

→  ←ポチッ
人気ブログランキングへ

↓ 

 にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチッ
にほんブログ村



SPONSORED LINK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 株とFXはどっちがいいのか?答えはただ1つ。それは・・・・・!
  2. FXのリスクは?この5つの事柄に注意しよう
  3. FX時間帯ごとの攻略法!どうすればNY市場で高確率で利益をとれるのか
  4. なぜFXは上がっても下がっても稼げるのか?
  5. FXのエントリータイミングは?たった2つの簡単な入り方を解説
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この研究所の理念と私玲人のプロフィール



所長:かわせ玲人(「れいと」と読みます←)

感謝してます!

経済オンチすぎる50代の両親と、FXで本業より稼ぐ20代兄を持つ、大分県出身の猫好きの20代男です。
(実は10代の妹もいます)

昼間は国際系の大学生なのに原稿執筆&メディア編集にも追われるWebコピーライター&マーケター。
夜は密かに副収入を稼ぐ兼業FXトレーダー。

「FXトレードをみなさんに学んでもらって、そして、経済に強い、本当に豊かで健やかな大人を増やす。そうすることで子供たちに自然と与えられるような豊かで幸せな家庭溢れる潤った社会を実現したい」という理念で活動中。

時間とお金と健康の3つをバランスよく手に入れる、大人のFX初心者向けの取引戦略手法を約4年の月日を経て遂に徹底解明!


もし、あなたがこの詳しい情報を知りたいのなら・・・・・


>>私のプロフィールはこちらをクリック

初心者用コンテンツ



ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

//