FXのレバレッジとは?小さなお金で大きなお金を生める仕組み

この記事は4分で読めます

FXのレバレッジとは?小さなお金で大きなお金を生める仕組み

玲人です、

あなたはFXのレバレッジについて理解していますか?

 

FXには、「自己資金を上限」に取引しなければならない、

といった、外貨預金や株(現物)のような決まりがありません。

 

FXは、自分の投資資金をブーストし、取引規模を

いつでも大きくできる仕組みがあるのです。

 

つまり、小さなお金で大きなお金を生み出せる仕組みがあるのです。

 

 

今回の記事では、そんなFXのレバレッジについて解説します。

 

 

なぜ、FXにはレバレッジがあるのか?

 

これは為替の1日の変動幅が大体1円~1.5円

範囲内と圧倒的に小さいからです。

 

 

なので、株のように1日10円や50円、100円や1000円といった

大きな値動きはめったに起こりません。

 

基本的に、値動きはいつもその10分の1以下とかなり小さいのです。

 

少ないときだと数十分の1以下しか動かないということもあります。

(1日数十銭~1円未満とか。。。)

 

 

なので、その小さな値幅の中でも、利益をしっかり

確保できるように、レバレッジという仕組みがあるのです。

 

たった1円の値幅でも、利益を株と同じよう(かそれ以上)に

出すための、レバレッジが設定されているのです。

 

 

FXのレバレッジとは何なのか?

 

FXのレバレッジは、自分の投資資金をブーストし、

取引規模をいつでも大きくできる仕組みのことです。

 

つまりは、てこの原理(小さな力で大きな力を生める仕組み)です。

 

取引業者の巨大な資金を使ってあなたが取引数量を常にブーストできるのです。

(※これは「使える」のであって、「貰える」わけではありません)

 

つまり、少額資金でも大きな利益を生み出せる仕組みがあるのです。

 

 

FXでは取引業者に証拠金(保証金)を預けることで、その取引資金の

最大25倍~100倍以上の外貨を売買することができます。

(=あなたのトレードの資金効率を高めることができるのです)

 

 

たとえば、あなたが1万通貨(ドル)を買うとします。

(※1ドル=100円だとして計算)

 

このとき、外貨預金であれば口座に100万円全てを用意する必要があります。

(※外貨預金は手持ちの金額以上の外貨を買うことはできないので)

 

しかし、レバレッジが使えるFXであれば、同じドルの購入でも

レバレッジ25倍だと4万円、100倍だとたった1万円の証拠金で

1万通貨(1万ドル)を買うことができるようになるのです。

 

(=1万円~4万円の資金でも、100万円の取引で得られる利益を獲得できる)

 

これが、FXのレバレッジです。

 

 

なので、小さな値幅でも、利益を数倍~数十倍に

常に大きくすることができるようになります。

 

特に、短期取引であるデイトレなどではその威力を強力に発揮してくれるのです。

(デイトレは1回の取引で最大でも0.1円~0.3円ほどの小さな値幅をとるので)

 

 

どうやったらFXのレバレッジをコントロールできるのか?

 

FXのレバレッジはその都度、あなたの好きなように設定ができます。

(=自分自身で自由に選ぶことができます)

 

 

通貨のレートは常に変動しているので、100%きっちりレバレッジを

設定できるわけではありませんが、以下の手順でおおよそは設定ができます。

 

 

①まず、取引に使う自己資金の額を確認する

(例.10万円[100,000JPY])

 

②次に、設定したいレバレッジを自己資金にかけて計算する

(例.10万円×レバレッジ25倍=250万円)

 

③取引したい外貨とそのレートを確認する

(例.ドル-USD、1ドル100円)

 

④「②」で出た数字を「③」のレートで割る

(例.250万÷100=2.5万)

 

⑤「④」で出た数字を通貨数(枚数)として発注する

(例.2.5万=2万5千通貨を発注)

 

 

以上になります。

 

 

2万5千通貨であれば、1円の値幅がとれれば

これで2万5千円の利益になります。

 

10万円×レバレッジ10倍で、1万通貨の取引なら

1円の値幅をとって、1万円の利益になります。

 

10万円×レバレッジ100倍で、10万通貨の取引なら

1円の値幅をとって、10万円の利益になります。

 

 

※ちなみにレバレッジは100倍以上になると高リスクです

 

 

まとめ

 

FXには、レバレッジという自分の投資資金をブーストし、

取引規模をいつでも大きくできる仕組みがあります。

 

これは為替1日の変動幅が大体1円~1.5円の範囲内

1日で10円も100円も動く株よりも圧倒的に小さいからです。

 

FXでは取引業者に証拠金(保証金)を預けることで、その取引資金の

最大25倍~100倍以上もの外貨を売買できます。

 

このレバレッジはその都度、あなたの好きなように設定ができます。

 

 

ということで、今回はFXのレバレッジについてお伝えしました。

 

あなたはこの小さなお金で大きなお金を生むレバレッジを使いたいですか?

 

ただし、使いすぎは損失につながるので悪用はしないように!

 

ではでは、良いレバレッジトレードを!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

追伸1:

私の場合、

・スキャルピングで、レバレッジ100倍~150倍程度

・デイトレで、レバレッジ40倍~50倍程度

・スイングで、レバレッジ10倍~30倍程度

を目安にしています。

 

まあ、スキャルピングは苦手なのでほとんどしませんが(笑)

あなたも、この基準をひとつの目安にしてみてください!

 

 

 

追伸2:

レバレッジを大きくする場合、必ず損切の幅を小さくするか

両建ての逆ポジションの玉数を大きくするするよう注意してください。

 

デイトレであれば、損切幅は-15pip~25pips程度にする。

(損切の逆指値注文を入れておく)

 

スイングであれば、損切幅は-30pip~50pips程度にする。

(損切の逆指値注文を入れておく)

 

もしくは、2分の1から4分の1程度の通貨数の

逆ポジション(エントリーと逆の玉)を入れる。

 

この2つでちゃんと取引のリスクヘッジをしていきましょう。

 

"なぜ、あなたも1日10分の投資で枕を共にビクンビクン儲かるのか?!!"




"なぜ、今ならAmazonのKindleで有料販売中のこの書籍が無料なのか?!!"



いつも応援クリックありがとうございます。

少しでもお役に立ちましたらポチいただけると嬉しいです。

↓ 

→  ←ポチッ
人気ブログランキングへ

↓ 

 にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチッ
にほんブログ村



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. FXのリスクは?この5つの事柄に注意しよう
  2. FX(為替)で円高、円安をかんたんに理解する方法 画像
  3. FXで利益を出すたった2つの方法 写真
  4. FXは24時間取引可能なのを知っていますか?
  5. FXとは何なのか?今度こそ、外国為替取引をあなたにわかりやすく説明!
  6. まずはFXのシュミレーションから!仮想資金でできるデモトレードを紹介
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投資研究所 所長について



所長:かわせ玲人(「れいと」と読みます←)

昼間は原稿執筆に追われるコピーライター。
夜は密かに副収入を稼ぐ兼業FXトレーダー。

時間と自由とお金の3つをバランスよく手に入れる、サラリーマン(会社員・公務員)の方向けの海外FX取引法を3年7ヵ月の月日を経て遂に徹底解明!


もし、あなたがこの詳しい情報を知りたいのなら・・・・・

  >>詳しくは今すぐこちらをクリック<<

2004年1月
  8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
//